【アミメカゲロウ目】 『ラ』 の検索結果

日本各地で見られる体長40mm前後で羽は透明で体色は暗褐色の細長い昆虫です。体形はトンボに似ていますが、羽が薄いためか蝶のようにヒラヒラと飛ぶイメージです。

本州以南の林縁の草むらなどに生息する体長30mm前後の羽が透明で体が細長いトンボのような昆虫です。触角は先端が太くなっていてチョウのようで、飛び方もトンボのような俊敏さは無くぱたぱたと飛んではとまり、飛んではとまりの繰り返しです。

北海道から沖縄まで分布する体長10mm前後、体色は黄緑色で羽は透明のクサカゲロウの仲間です。
草木の葉の上にいてアブラムシなどを食べます。

本州以南に生息する体長40mm程度にまでなる大きなカワゲラの仲間で、体色は黒く、羽は半透明で黒い筋が入っています。雌は水辺の草の茎に尾を回して茎の周りをぐるりと取り囲むように卵を産み付けます。